メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: admin 投稿日時: 2023-9-26 8:12:59 (3 ヒット)

螢蹈椒奪肇瓮妊アは、「ロボットビジネスの全貌シリーズ 脅汰編 4.安全性の確保 ロボットの法規・規格・保険・パブリックアクセプタンス・ロボティックリテラシー・リスキリング」を編集発行した。

本シリーズは鬼霑段圈碧椽顱法↓脅汰編、兄駑訴圈↓古験編で構成され、全体を俯瞰することでロボットビジネスの全貌を理解できる内容になっている。

本書は、ロボットの安全性に関わる法規や国内外の安全規格、該当する保険をはじめ、ロボットを開発したり、活用する場合に心がけておくべきジェンダーや子供への影響(社会的受容性:パブリックアクセプタンス)やロボティックリテラシー、リスキリング(学び直し)について詳述するとともに、データ収集と管理に関わるスマートホームにおけるプライバシーの取り扱いやバーチャルの安全性確保(生成AI、メタバース、バーチャルヒューマンなど)、押さえておくべきサイバーリスクとサイバーセキュリティの注意点などを豊富な事例と図表を交えて簡潔に解説しています※。

生成AIの急激な浸透や中国をはじめとする海外製ロボットの国内参入が相次ぐ中で、今後日本のロボットビジネスが世界を相手に勝ち抜いていくためには、ロボットならではの『特別で劇的な新しい価値』を創出・提供していく必要があり、ロボットビジネスをもう一段上のステージに導く内容となっている。
※10ヶ国136社・機関の110事例と51のイラスト図表を記載(2023年9月26日時点)

詳細


投稿者: admin 投稿日時: 2023-9-1 11:46:04 (77 ヒット)

NPO法人ロボティック普及促進センター(以下、RIC)は、「ものづくりドットコム」を運営する産業革新研究所とロボティック普及促進センターの保有・企画する講座をものづくりドットコムのプラットフォームで取り扱う販売委託契約を締結した。

◆契約の内容
・RICが提供する講座を「ものづくりドットコム」で販売
・RICの理事長が製造業の課題解決をサポートするものづくりドットコムの専門家として支援
・専門的な技法や用語の解説記事、ロボティック普及促進に関する記事、製造現場の事例記事を「ものづくりドットコム」に提供し、製造業の課題解決に貢献する


詳細


投稿者: admin 投稿日時: 2023-8-28 8:06:47 (69 ヒット)

NPO法人ロボティック普及促進センター(以下、RIC)は、極限環境(フロンティア)で革新をもたらす技術システムとデュアルユースをテーマにしたロボティック・シンポジウム「ハイブリッド デュアルユース フューチャー ダイアローグ」を9月21日(木)開催する。
併せて、主に無人機のデュアルユースと総合的な実運用により、極限環境分野での収益確保を目指す研究会(ハイブリッドデュアルユース/ダブルインカム)を10月からスタートする。
シンポジウムでは研究会の具体的な取り組みについても発表する。

開催日時:2023年9月21日(木)14時〜16時 
開催会場:かわさき新産業創造センター内 AIRBIC会議室
定員:40名
参加費:無料

プログラム、申し込み方法、研究会など詳細
詳細


投稿者: admin 投稿日時: 2023-8-18 8:08:55 (100 ヒット)

螢蹈椒奪肇瓮妊アは、「ロボットビジネスの全貌シリーズ 兄駑訴圈1.国内外のロボット関連施策/関連企業 スマートシティ・都市OS」を編集発行した。

本シリーズは鬼霑段圈↓脅汰編、兄駑訴圈↓古験編で構成され、全体を俯瞰することでロボットビジネスの全貌を理解でき、ロボットビジネスをもう一段上のステージに導く内容になっている。

本書は、国内の省庁や自治体のロボットをはじめとする先進技術に関わる取組みと海外のロボット関連施策、そして国別の主な関連企業を紹介するとともに、ロボットの「実用化度」の国際比較を行っている。
また、国内外で計画が進む国や企業によるスマートシティ・スーパーシティと都市OSについても記述している。
事例と図表などを通じて、省庁や自治体、企業の先進技術・スマートシティに関わる取組みを簡潔に知ることができる※。

※29ヶ国49行政機関と30事例、国内外624社、20のイラスト写真図表を記載(2023年8月18日時点)

詳細


投稿者: admin 投稿日時: 2023-7-20 8:16:26 (150 ヒット)

螢蹈椒奪肇瓮妊アは、「ロボットビジネスの全貌シリーズ 脅汰編 6.汎用化への道 「新たな価値」の仕組みの提供」を編集発行した。

本シリーズは鬼霑段圈碧椽顱法↓脅汰編、兄駑訴圈↓古験編で構成され、全体を俯瞰することでロボットビジネスの全貌を理解できる内容になっている。

本書は、生成AIなどの先進技術が日常生活や社会に取り組まれていく中にあって、いかに日本のロボットビジネスの「価値筋」を見つけ、ロボットに求められる「新たな価値」のを提供に結び付けていくのかを数多くの事例と図表を交えて紹介。
そして、ロボットならではの「特別で劇的な新しい価値」について、4つの視点(経営、労働者、Well-Being、人々の願い)から詳細に解説している※。
生成AIの急速な浸透や中国をはじめとする海外製ロボットの国内参入が相次ぐ中、日本のロボットが今後世界を相手に勝ち抜いていくためにも、日本企業は「ロボットならではの「特別で劇的な新しい価値」を目指していく必要があり、日本のロボットビジネスをもう一段上のステージに導く内容となっている。
※19ヶ国325社・機関の448事例と85のイラスト図表を記載(2023年7月20日時点)
詳細


(1) 2 3 4 ... 110 »
robocasa
NPO法人ロボティック普及促進センター

[ 書籍のご紹介 ]

『近距離移動用パーソナルモビリティの市場と将来性2011』

『高齢者・障害者の次世代自立支援機器と介護者・障害者のニーズ分析2010 』

『宇宙関連ビジネスの波及効果と有望分野 (PDF版) 』

『近距離移動用パーソナルモビリティの将来性 (PDF版)』

『2009年版 住宅・住設メーカーのRTの取組みとサービスロボット分野別市場規模』

『2008年版 企業向けサービスロボットの導入ユーザーの評価と今後の市場』

『2007年高齢者・障害者の次世代自立支援機器の市場性と介護施設のニーズ分析』

『2006, Update on the Partner Robot Market and Analysis of Key Technologies and Parts [Color Edition]』



新着イベントレポート
新着インタビュー