メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ロボティック・カー : トヨタ 新テレマティクスサービス「G−BOOK mX」を発表。また中国市場に新テレマティクスサービスを展開予定
投稿者: admin 投稿日時: 2007-4-10 21:50:00 (2518 ヒット)

トヨタ自動車は、「G−BOOK ALPHA」を一新した、「G−BOOK mX」ならびにG−BOOK mX対応HDDナビゲーションシステム(以下対応ナビ)を、本年5月以降に発売する新型車から順次展開すると発表した。

G−BOOK mXでは、世界初となる地図の自動更新機能を搭載しているほか、他のG−BOOK mX搭載車の走行データを元に渋滞予測を行い渋滞回避ルートを案内するサービスも行う。

このほか、G−BOOK ALPHAでは有償だった「ヘルプネット(事故や急病時に警察や消防に緊急通報するサービス)」を、G−BOOK mX対応ナビでは3年間無料とする(4年目以降は、2年ごとに1050円が必要)。

また、事故が発生した場合に被害が大きくなると予想される一時停止交差点において、ドライバーに一時停止の存在を知らせるサービスなども行う。

利用料金は、G−BOOK mXが永年無料(通信費用はユーザー負担)、G−BOOK mX Proは新車初年度無料(翌年以降は年間1万2000円。バケットは使い放題)。

なお、G−BOOK ALPHAについては、今後もサービスを継続するがプランと料金が変更になる。

また、トヨタは「G−BOOK mX」にあわせて開発した車載機(対応ナビ、車載通信機DCM等)、及びこれまでのG−BOOKで培われた安心・安全サービスの技術を生かし、同サービスの需要が高いと見込まれる中国市場に、新たなテレマティクスサービスの展開を予定している ・・・(詳細)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
robocasa
NPO法人ロボティック普及促進センター

[ 書籍のご紹介 ]

『近距離移動用パーソナルモビリティの市場と将来性2011』

『高齢者・障害者の次世代自立支援機器と介護者・障害者のニーズ分析2010 』

『宇宙関連ビジネスの波及効果と有望分野 (PDF版) 』

『近距離移動用パーソナルモビリティの将来性 (PDF版)』

『2009年版 住宅・住設メーカーのRTの取組みとサービスロボット分野別市場規模』

『2008年版 企業向けサービスロボットの導入ユーザーの評価と今後の市場』

『2007年高齢者・障害者の次世代自立支援機器の市場性と介護施設のニーズ分析』

『2006, Update on the Partner Robot Market and Analysis of Key Technologies and Parts [Color Edition]』



新着イベントレポート
新着インタビュー