メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ロボティック システム : 住友商事と富士重工 オフィスエリア清掃ロボットシステムを共同開発
投稿者: admin 投稿日時: 2009-11-25 20:05:00 (1124 ヒット)

住友商事(株)と富士重工業(株)はオフィスエリア清掃ロボットシステムを共同で開発したと発表した。

今回開発した本システムは、オフィスビルでの本格的な普及を目的としたオフィスエリア(専有部分)が清掃可能なロボットシステム。従来のシステムは共用部が広い、大規模なオフィスビルに導入した場合に最も費用対効果が高くなるように企画してたが、オフィスエリアを清掃の対象範囲に加えることにより、中規模程度のビルでも高い費用対効果を発揮できることを目標としているという。

両社は、1999年からオフィスビルの廊下、エレベータホールといった共用部の清掃を目的とした「ロボットによるビルの清掃システム」の共同開発に着手し、2001年に実用化に成功。現在、住友商事の本社ビルや六本木ヒルズなどの共用部で稼動している。実用化してから8年半の稼動実績を通じて、初期目標とした人的作業を上回る清掃性能、安全性およびコストメリットを発揮できることが実証できたとしている。

現在、ビルメンテナンス会社によるオフィスエリアの清掃は、深夜や早朝など短い時間で多くの作業者を投入して作業されているが、オフィス内のセキュリティ確保や今後の少子高齢化による作業者の確保難など多くの課題を抱えており、本システムはその課題解決に寄与するものとなる。

本システムは、従来型の「ロボットによるビルの清掃システム」で培った技術をベースに、オフィスエリアの清掃用ロボットとして開発した。オフィスエリアは、机間など通路が狭いことや、机やゴミ箱などの設置場所の移動による走行環境の変化が頻繁にあること、オフィス内で業務中の人との共存が必要など、共用部での使用と比べてロボットの使用環境が大きく異なるため、大幅な改良を施した。

【主な改良点】
 1.オフィス部での清掃に適したコンパクトなボディ
 2.机やゴミ箱などを回避しながら清掃を行う回避制御の追加
 3.清掃吸気・排気フィルタを新設 ・・・(詳細)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
robocasa
NPO法人ロボティック普及促進センター

[ 書籍のご紹介 ]

『近距離移動用パーソナルモビリティの市場と将来性2011』

『高齢者・障害者の次世代自立支援機器と介護者・障害者のニーズ分析2010 』

『宇宙関連ビジネスの波及効果と有望分野 (PDF版) 』

『近距離移動用パーソナルモビリティの将来性 (PDF版)』

『2009年版 住宅・住設メーカーのRTの取組みとサービスロボット分野別市場規模』

『2008年版 企業向けサービスロボットの導入ユーザーの評価と今後の市場』

『2007年高齢者・障害者の次世代自立支援機器の市場性と介護施設のニーズ分析』

『2006, Update on the Partner Robot Market and Analysis of Key Technologies and Parts [Color Edition]』



新着イベントレポート
新着インタビュー